いつもありがとうございます。


先日、試聴させていただきました

トーンアーム「Reed Tonearm - Reed 3P」

レコード再生が楽しくなるアイテムでしたので

ご案内させていただきたいと思います !

20150526reed 1top


















Reed社(リトアニア)から届けられたこちら。

すでに、アナログレコード再生においては

数々のアイテムとキャリアのあるユーザー

様が多いなか、持ち込まれた本アーム。

上位モデルにはレーザーで調整などの高機

能モデルも揃います。

本機はVTA(ヴァーティカル・トラッキング・

アングル)、カートリッジのアジマス、アンチ

スケーティングの3要素をレコードを再生し

ながら、つまり耳で確認しながら調整できる

という・・・ことでやってみました !

20150526reed 2r

















いじってみたくなる作り込みです。
20150526reed 3L



















交換用ヘッドシェルが用意されています。

20150526reed 4shell



















軸受機構は必要最小限のポイントで受けて

不要振動、摩擦抵抗の影響を極力排除した

という磁力によるサポート構造。

試聴機はLUXMAN 「PD-171AL」に搭載し

て。アームベース等は各種対応可能とのこ

と。

アンチスケーティングはメモリがありません。

適合カートリッジ重量は4~24g。

20150526reed 5back



















アームチューブはさまざまな素材を検証した

結果採択された素材(ペルナンブコ)だそう

です。見た目にも美しいですが、それが理由

ではないのですね。仕上げ色が選択できます。
20150526reed 6side



















今回は超定番DENON「DL-103」での試聴で

したが、微調整の大切さと面白さにあらためて

時間をかけてみたくなる楽しいアイテムです !

さらに「あのカートリッジにかえてみたらどうだ

ろう・・・」など想いをめぐらしてしまうのでし

た。


微調整はしたいけれども、リニアにその効果を

確かめながら操作したい!! そんな欲求にこたえ

てくれそうでした。

20150526reed 7image



















以上、レコード盤面やカートリッジの針先の

個体による違いを微調整で補正するという、

やってみるとなるほどという楽しいアイテム

です。


なお、こちらの商品は6月下旬に別会場にて

ご覧&ご試聴いただける予定となっておりま

す。

近日発売予定。納期はお時間を頂戴いたして

おります。

ご相談お待ち致しております !!



    のだや 仙台店    
   〒981 ‐ 3112 仙台市泉区八乙女1-3-10
   TEL  022 - 725 - 5193