LS50

KEFのスピーカー「LS50」を展示導入致しました。

KEFの創立50周年を記念して作られた「LS50」を展示導入致しました。

pasfgbiyava

ブレードの最新技術ばかりでなくLS50のために生み出された
多くの特許技術や素材を惜しげなく投入し、
理想のニアフィールドモニターを完成させました。

phpaspbav


透明感があり、とても広がりを感じました。
また、とても温かい音色で、
本人が目の前にいるかのようにも感じられました。

oabgsogga

ご来店に際してはお手持ちのCDソフト等でご試聴も出来ます
お客様のご来店、心よりお待ちしております。

また、各店で大展示即売会を実施いたします。

event_big


最新機器、話題の商品が多数展示され、実際に体験できますので、
お近くの方はぜひご来場ください。
また今年も新たな参加メーカーが増えておりますので、ご期待ください!!
ゆったりとした空間で心ゆくまで、オーディオ&ホームシアターをお楽しみください。

■B級品や展示処分品多数展示

■今話題のPCオーディオ多数展示!!

■通常のCDショップでは、取り扱いをしていない高音質CD、LPを多数展示

■新製品スピーカー&アンプ、プレーヤーなど多数展示

■3Dテレビ、3Dプロジェクター徹底比較 。

参加メーカー一覧
アキュフェーズ、ヤマハ、シャープ、オンキョー、スピーカークラフト、インテグラ
マランツ、KEF、メース、ゴールドムンド、トライオード、ゾノトーン、ダリ
富士通TEN、デノン、パイオニア、LINN、オクターブ、アンソニーギャロ、
ニューフォース、オッポ、フォステクス、ケンブリッジオーディオ、RME
ラックメーカー、J1,ノーススター、ジョセフオーディオ、ダールジール、
ワイヤーワールド、モニターオーディオ、エラック、CAV、ケンブリッジ
TBMレコード マッキントッシュ、ティアック、エソテリック、タンノイ、ハーマン、
JBL,マークレビンソン、BMC、エアー、ワディア、トランスペアレント、
ラックス、マランツ、B&W、ノッティンガム、EAR、Clearaudio Concept、
クリプトン、各プロジェクターメーカー スクリーンメーカー
その他ハイエンドオーディオメーカー
、吸音調音材

■スケジュール
開催日開催場所開催時間
 6月23日()
   ~24日()
福島市 福島卸商組合会館土曜10時~7時 日曜10時~6時
 6月30日()
     ~7月1日()
宇都宮市 マロニエプラザ土曜10時~7時 日曜10時~6時
  7月28日()
     ~29日()
郡山市 ビッグパレットふくしま土曜10時~7時 日曜10時~6時

ドイツ ミュンヘンハイエンドオーディオショーへ行ってまいりました。

ドイツ ミュンヘンハイエンドオーディオショーへ行ってまいりました。

空港から出ていよいよドイツ 素晴らしい

ミュンヘン空港


空港に並んでるタクシーがほとんどクリーム色のベンツ
普通にベンツがタクシーですよ !!

タクシー2


日本車の少なさに驚かされました。

ミューヘンハイエンドオーディオショーへ 「いざ、出陣」です。


DSC01585




多くのブースではPC接続でハイレゾ音源によるデモンストレーションが多く
ブルメスター製品も音楽サーバーの大きな筐体で音源をハイスピードでサクサク操作出来ていて、
これからのハイエンド機器もより充実して色々出てきて楽しみです。


DSC01599


平面バッフルの変わったスピーカーを試聴してきました。
なかなか盛況な感じでした。
こちらのメーカーは今年1月のアメリカ・ラスベガス
International CESのショウで、
人気No1らしいんです。
日本のオーディオファンにもウケルかも?


DSCN0684


ソナスファベールの
Aida(アイーダ)をダン・ダゴスティーノのモメンタムで鳴らしておりました。
さすがに金額相応ですね。

DSCN0677


50年記念と時を同じくして生まれたのがBLADE(ブレード)


DSCN0588

KEFのブースでBLADE(ブレード)の試聴をしておりました。
スピーカーの右側のスピーカーの上部にコインが立てられ一切動かない事を、
デモンストレーションしております。

DSCN0593

BLADE(ブレード)のキャビネットは、フォーカスがバランスしているので、
レゾナンス(共振、共鳴)は発生しません。

ユニットだけの振動を音にかえてキャビネットは振動せずに耳まで届けると
にごりがおきないきれいな音が伝えられる。

商品に自身があるデモですね。


KEFの50周年記念モデルLS50の試聴には こちらから持参したCDを試聴することができました。
こんなに小さく金額も安価な商品が ドイツの地元の方々が驚きの様子が伺えました。

DSCN0590

多分これから日本でも売れる商品になると期待されます。

即、展示導入しなければ!!

アナログプレーヤーのブースは凄く多く アナログファンがまだまだ
いるのだと思いました。
私共でも先日画像の製品をお借りしてお客様に試聴いただいたばかりだったので、
凄く新鮮でした、。

DSC01613


大きくきらびやかな製品が堂々と飾られております。
日本にも輸入されておりますブランドですが、ココまでの商品はなかなか見ることが出来ません。

DSC01592



マークレビンソン製品のNo32Lの後継機種No52新しい商品が飾られておりました。
試聴は出来ませんでしたが秋のインターナショナルでは試聴できるかな?

DSCN0598



マランツの懐かしい製品が飾られておりました。

DSCN0572

チューナーとアンプです。
過去に親しまれた製品がドイツでも売られてる様です。

日本にも限定販売出来たら売れそうですけど、ラックス製品の一人勝ちですよ
マランツの営業の方お願いします。


オクターブのブースにも多くのお客様が試聴されておりました。


DSCN0643


DSCN0641


輸入関係者の方々や評論家の方々に会う事がしばしばありました。
真剣に日本市場に導入むけて少ない時間を動き回っておりました。

製品獲得に眼をギラつかせて日本では見られない彼らの光景もかいま見られ
自分自身のさらなる向上に常に勉強です。


ドイツ ミュンヘンハイエンドオーディオショーの第一弾は終了です。

次は、イタリアの旅は第二弾にて



のだや宇都宮店

     織井雅史

メッセージ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ