DD65000

お客様のご自宅に納品させて頂きました。

DSC_1157






































今回納品させていただきましたi 様。
2年の月日にわたりお打ち合わせをさせていただきました。

i様がシステムを導入する上で、最重要視されたのが
アナログの音をいかに良く聞こえるようにするか!!

その中でもジャズを主にレコード盤を収集されており、
その数は壁一面がレコード。
もちろん特注による専用ラックになりました。

DSC_1145


















今回のアナログプレーヤー選びも様々な商品をご試聴頂きましたが
昔からご使用し愛着がある、ORACLE社のプレーヤーに。
ORACLE DELPHI Mk VI アーム345 Tonearm
そしてMCフォノカートリッジは オルトフォン社Cadenza Bronzeを
ご購入頂きました。

スピーカーについては、当初からJBLをご希望されておりました。
まず候補にあがったのがK2 S9900やモニターシリーズの4365。

試聴していただいた事でほぼK2 S9900で決定していただきましたが
ちょうどその事に弊社の宇都宮店に、Project EVEREST DD65000
を展示させていただきました。

お部屋のスペースにも設置が出来、音も大満足いただいたことで
S9900から一気にDD65000導入に変更となりました。

ラックやスピーカーボードは、市販のものだと設置に問題が出てくる
ので、オリジナル製品にすることになりました。

サイズを合わせただけでなく、共振のコントロールを考えた
音質的にも良くするボードやラックにしております。

DSC_1139

















そしてアンプ選びは、以前にご使用されていたマッキントッシュ
以外の物を今回は選びたいとご指定がありました。

アンプも様々なものを試聴いただき、そしてたどり着いたのが
オクターブ社の製品でした。
もちろんプリとアンプ共にオクターブに!!
JBLとオクターブそしてORCLEとても良いマッチングで
最高のジャズを奏でております。


私たちのだやでは、お客様のお部屋やご使用環境、全て含めて
総合的にご提案をさせていただきます。
もちろんセッティングも当社スタッフがお伺いさせていただきます。

もしシステム構築や音に関するご質問等ございましたら、
お気軽にご相談下さい。
皆様からのご連絡こころよりお待ちいたしております。


                        のだや宇都宮店
                                   織井雅史 

第五回 真夏の電源フェアー 光城精工 KATANA25 試聴会が終了致しました。

第五回 真夏の電源フェアー 光城精工 KATANA25 試聴会が終了致しました。

ご試聴を頂いたお客様、ありがとうございました。

製品の内容の説明、クリーン電源を入れて頂く事の違い
ご理解を頂けたのではないでしょうか?
DSC_0631

















デモ機や特価商材などもご用意しております。
通常価格より更にお安くご提供出来ます商品もありますので、ご相談下さい。

DSC_0638


















多くのお客様にご来店頂きましてありがとうございました。


                    〒320-0807
                    栃木県宇都宮市松が峰1-2-3 1F
                    TEL.028-614-1454

                    E-mail:
utsunomiya@audio-nodaya.com


                                  のだや宇都宮店

                                      織井雅史 

第五回 真夏の電源フェアー 光城精工 KATANA25 試聴会 開催

第五回 真夏の電源フェアー 光城精工 KATANA25 試聴会 開催

当店では毎年8月は電源フェアーを開催しております。
こんなに暑い日が続いたりするのに電源?
でもここのところの落雷なども突然あったり・・・
大切なオーディオ機器が落雷の影響で過電流が入り機器の
調子が悪くなる事も光城精工社のクリーン電源機器は、
サージアブソーバを標準装備しております。
雷から守ってくれて音も良くなる素晴らしい機器です。

電源フェアー
















開催日8月24日 14:00~16:00
当店試聴室にて行います。
光城精工 大井更純氏を講師に迎えて、
電源の取り扱いやKATANA25の威力を、実際に体感頂きます。
DSC_0577

















KATANA25の外観はかなり確りした筐体は、
良い電源を供給してくれそうな・・・
JBLのDD65000がどれだけの威力で体感出来るか私も楽しみです。
DSC_0614

















折れず、曲がらず、良く斬れる」。
硬・軟の鋼を巧みに組み合わせた地鉄を鍛え、
切れ味と強度、粘り強さを備えた日本独自の武器である「日本刀」のように、
鍛えられた美しさを持つ電源装置を目指して開発しました。
リジェネレータとトランスを電源における硬軟の鋼に例え、
二つが鍛え重ね合わせられたハイブリッド型電源装置です。
DSC_0605

















建造物にある壁のコンセント電源は、場所によって、時間によって、
デジタル機器などが発生するノイズに汚染されています。
家屋(マンション、アパート)の電圧変動やノイズをシャットアウトする事で、
オーディオ機器の能力をフルに引き出だします。


お楽しみの、真夏の電源フェアー特別企画

特価商材もご用意しております。

DSC_0617

















是非、この機会にご来店をお待ち申し上げます。

                    〒320-0807
                    栃木県宇都宮市松が峰1-2-3 1F
                    TEL.028-614-1454

                    E-mail:
utsunomiya@audio-nodaya.com


                              のだや宇都宮店

                                           織井雅史
                                  
 

JBL DD67000&DD650002つのエベレスト誕生

dd65000

本日発売のステレオサウンドをお読みになられた方はかなり衝撃を
受けていらっしゃると思いますが、フラッグシップのDD66000 JBL
60周年記念モデルのさらに上のクラスと下のクラスの2モデルが
発売となります。

実はすでに試聴はさせていただいておりましたが、発表まで公表は
避けていただきたいということで本日のご紹介となりました。

上記の写真はDD65000となります。
見た目はDD66000とほぼ同じ見た目となりますが、ユニットの素材を
ピュアパルプからファイバーイコンポジットパルプコーンに変更、また
エッジにも最新技術が採用され、強固でありながら薄い仕上げに変更され
さらにユニットを動きやすく改善されております。ダンパーやボイスコイル
などにも工夫がされよりSNを上げております。

そしてネットワーク部分が大きく改善されており、
S9900でも使用されていたセルフバイアスに変更されております。
また内部配線の改良。 

dd65000-2

またトゥイーターはマグネシウム合金が使用されております。
フロントバッフルは突板仕上げになりました。




dd67000-1

 こちらが新たなフラッグシップモデルDD67000です。
DD65000同様ユニット部分がかなり改良されております。
ウーファー部は4365でも使用された複合素材コーンを使用しております。
3層構造にすることでよりSNの良さを作りだしております。

ミッド、トゥイーターには大きな変更はありませんが、トゥイーター部の
フェイズプラグがマグネシウムに変更されております。
dd67000-2

そして今回DD67000で一番大きく変更されているのがフロント
バッフルの素材が以前のレザー素材からカーボンに変更。


実際に試聴した印象はDD65000はDD66000の改良版というよりは
S9900の流れを組んだ、S99000の上位機種という感じです。
ジャズ、ボーカル、クラッシックを試聴した場合でも音楽性に優れており
SNの良さ、低音の広がり感などとても自然で試聴していても
優雅に音を楽しむことが出来ます。

DD67000はまさにDD66000からの改良版という印象。
ハイエンドオーディオにふさわしい音で一つ一つの音が明瞭で
低音の広がり、高音の伸びはDD65000とはまた異なった印象。

ハーマンインターナショナルの方々もおっしゃっていましたが、
音楽性を重視する方にはDD65000
ハイエンドな音を求める方にはDD67000
という選び方が良いという感じがします。



価格は 下記の様になります。

Project Everest DD67000    販売価格 6,000,000円

Project Everest DD65000    販売価格 4,800,000円 


より詳しい内容が知りたいという方がいらっしゃいましたら、
お気軽に当社までお問い合わせください。

メッセージ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ