4365

お客様のご自宅に納品させて頂きました。

DSC_1157






































今回納品させていただきましたi 様。
2年の月日にわたりお打ち合わせをさせていただきました。

i様がシステムを導入する上で、最重要視されたのが
アナログの音をいかに良く聞こえるようにするか!!

その中でもジャズを主にレコード盤を収集されており、
その数は壁一面がレコード。
もちろん特注による専用ラックになりました。

DSC_1145


















今回のアナログプレーヤー選びも様々な商品をご試聴頂きましたが
昔からご使用し愛着がある、ORACLE社のプレーヤーに。
ORACLE DELPHI Mk VI アーム345 Tonearm
そしてMCフォノカートリッジは オルトフォン社Cadenza Bronzeを
ご購入頂きました。

スピーカーについては、当初からJBLをご希望されておりました。
まず候補にあがったのがK2 S9900やモニターシリーズの4365。

試聴していただいた事でほぼK2 S9900で決定していただきましたが
ちょうどその事に弊社の宇都宮店に、Project EVEREST DD65000
を展示させていただきました。

お部屋のスペースにも設置が出来、音も大満足いただいたことで
S9900から一気にDD65000導入に変更となりました。

ラックやスピーカーボードは、市販のものだと設置に問題が出てくる
ので、オリジナル製品にすることになりました。

サイズを合わせただけでなく、共振のコントロールを考えた
音質的にも良くするボードやラックにしております。

DSC_1139

















そしてアンプ選びは、以前にご使用されていたマッキントッシュ
以外の物を今回は選びたいとご指定がありました。

アンプも様々なものを試聴いただき、そしてたどり着いたのが
オクターブ社の製品でした。
もちろんプリとアンプ共にオクターブに!!
JBLとオクターブそしてORCLEとても良いマッチングで
最高のジャズを奏でております。


私たちのだやでは、お客様のお部屋やご使用環境、全て含めて
総合的にご提案をさせていただきます。
もちろんセッティングも当社スタッフがお伺いさせていただきます。

もしシステム構築や音に関するご質問等ございましたら、
お気軽にご相談下さい。
皆様からのご連絡こころよりお待ちいたしております。


                        のだや宇都宮店
                                   織井雅史 

JBLスピーカー4365の中古品が入荷致しました。

JBLスピーカー4365の中古品が入荷致しました。

お客様のシステムアップの為、下取り致しました。


3WAYのユニット構成で主要な音域の大半を
4インチドライバー自体が
持っている音の厚みと密度感は素晴らしく

聞き手側に向かってくる
音圧はJBLらしいサウンドです。


DSCN1550


形式          380mm径3ウェイ・フロアスタンディング・スピーカー
使用ユニット
    380mm径3レイヤーサンドイッチコーン・ウーファー〈1501FE〉
         100mm径マグネシューム合金コンプレッション・ドライバー〈476Mg〉
          25mm 径ピュアチタン・コンプレッション・ドライバー〈045Ti-1〉
インピーダンス     8Ω
許容入力         300W(RMS)
出力音圧レベル     93dB(2.83V/1m)
周波数特性       28Hz〜40kHz(−6dB)
クロスオーバー周波数 750Hz、15kHz
寸法(W×H×D)             598×1,046×430mm
重量                               
85kg(グリル含む)
定価           1,680,000円税込

販売価格はご相談下さい。

※こちらの商品は売約済みです。
  ありがとうございました。



音の厚みや低域の深み

ドラムはとても理想的で、
エネルギーたっぷりのサウンドが望めます。



DSCN1554


スピーカーの外観はキズ等を修繕しておりますので、かなり綺麗な状態です。

DSC_0631

キャビネットの修繕箇所の画像


クオリティが高くインパクトの強い感動的なサウンド
音離れの良さと緻密さの共存した音の世界は4365ならではの
ものではないでしょうか?

ご購入をご希望のお客様は、是非、お問い合わせ下さい。


                    〒320-0807
                    栃木県宇都宮市松が峰1-2-3 1F
                    TEL.028-614-1454


                    E-mail:
utsunomiya@audio-nodaya.com


                                  のだや宇都宮店

                                      織井雅史





OCTAVE社の真空管プリアンプHP500SEを展示致しました。

OCTAVE社の真空管プリアンプHP500SEを展示致しました。

ドイツのハイエンドメーカーであるOCTAVE社は1980年創業で、
市場に本格的に参入したのは1986年
オーディオメーカーの歴史としては比較的新しいです。

DSC_0008


製品の外観は,
電源部は別筺体で、電源部と本体へ専用ケーブルでコネクティングするようになっております。

本体電源をONにして数分は立ち上がりに時間が掛かり、
立ち上がるとSource切替スィッチの上と、Source/Tape(Tape時のみ点灯)
切り替えの上のLEDが青く光ります。

ゲイン切り替えはHi(17.5dB)、Lo(9.5dB)の2種類があり、こちらで音の調整も出来て、
試聴する時の商品に合わせて切り替える事が出来て便利です。

入力は、フォノを含めたメインセレクター部で4系統、
これにSource/Tape切り替えで独立したTape入力がありますので、
合計5系統の入力を持ちます。

DSC_0006


HP500SEは最初からフォノイコライザーが内蔵されており
MM入力とMC入力が独立して入れる事が出来て、ディップスィッチで
切り替えるようになっております。
またサブソニックフィルター(20Hz/-3dB)のON/OFFのディップスィッチも付いております。
出力はアンバランス2系統、バランス1系統となっております。
 入力はアンバランス(RAA)のみとなっておりますが、
出力に関してはきちんとした回路を持ってバランスに変換しておりますので、
安心してご使用出来ます。

4月7日~8日まで限定で、パワーアンプMRE 130/IIをご試聴出来る様に、
設置しております。

DSC_0001

商品内容 スピーカー           JBL               4365
       アナログプレーヤー     ドクトル・ファイキャルト・アナログ   Blackbird
       CD/SACDプレーヤー    エソテリック          K01 
                        TAD              TAD-D600
       プリアンプ           OCTAVE          HP500SE 
                   パワーアンプ         
OCTAVE                      
MRE 130/II 
                                                                   

MRE 130/IIは、五極管パラレルプッシュプルパワーアンプです。
最大出力は約140W、歪み率は2%以下です。
出力段に古典的な五極管接続方式を採用
イメージとしては出力は取れるのですが、音楽再生時に不安定な要素が有ると
言われておりますが、オクターブが元々トランスメーカー(業務用)でしたので、
確りした電源を作ってアンプの増幅に安定した電源供給が出来るので、
現代てきな真空管アンプです。
このアンプで鳴らすJBL4365は4インチドライバーの迫力、新型ウーハーの凄み。
そしてこの新たな可能性に満ちたJBLサウンドを、聞かせてくれます。

是非、この機会にご来店頂けます様宜しくお願いいたします。


320-0807 宇都宮市松が峰1-2-3 1F

TEL.028-614-1454

E-mail:
utsunomiya@audio-nodaya.com


のだや宇都宮店

   織井雅史










JBL 4365&マッキントッシュを納品してまいりました

DSC_0810

先日埼玉県熊谷市のお客様邸にJBL 4365,マッキントッシュ 
パワーアンプMC252,コントロールアンプC46を納品して参りました。
こちらのお客様は以前までヤマハの1000Mを使用されており、
長年の夢であったJBLの大型スピーカーを今回ご購入いただきました。

スピーカーに合わせて下取り品のマッキントッシュ セパレートアンプ
もご購入いただきました。
DSC_0818
アンプの程度も良く新品同様の輝きです。

今回ご購入いただくにあたり、現在までお客様がご使用中であった
プリメインアンプを当店までお持ちいただき、実際に
マッキントッシュとの音の違いをご納得いただくまで
比較試聴をしていただきました。

試聴の結果、マッキントッシュを使用した場合の方が音の表現力や
ダイナミックさなどで音にかなりの差を感じ、購入にいたりました。

当社では予約なしでの試聴、現在お持ちのシステムとの
比較試聴や自宅試聴を行っております。
もちろんセッティングも当社のスタッフが行います。

現在お持ちのシステムで不満がある場合などは、
お気軽に各店舗までご相談ください。
お客様に合わせたシステムプランをさせていただきます。
メッセージ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ