いつもありがとうございます。


かねてからお話を伺っておりました表題の

スピーカーを先日体験させていただきまし

た !!

目をひくその伝統技術の錺金具、ケヤキの

木地呂塗りという仙台箪笥の特長をまとった

スピーカー。

この見たこともないデザインのスピーカーは

伝統の技術と意匠を本職の職人さんにより

オールハンドメイドされたもの。

そして、漆の仕上げによる違いの検討や、

キャビネットのベースには東京駅の屋根に

使われているスレートを配するなど、試聴

を繰り返して製作されたそうです。

試聴はアンプやケーブルをかえるなどして

聴かせていただきました。

その変化をしっかり音楽的に反映する様は

アプローチが家具からだったことを忘れさせ

るものでした !!

↓ HBS10-HKB

20160906hbs10hkb




















↓ HBS10-FKS

20160906hbs10fks




















↓ こちらは錺金具とベース部分。

20160906hbs10パーツ




















↓ こちらは仙台箪笥協同組合専務理事の

  長谷部氏(親方)です。こころよく撮影に

 応じていただきありがとうございます !!

 親方がこの錺金具を手作業で製作なさっ

 たそうです。

20160906hbs10仙台箪笥長谷部漆工




















 スピーカ―の試聴でしたが地元の伝統の

 技術に触れるよい体験にもなりました。

 こうした、日本の伝統の技術を切り売り

 せずにプロデュース、製品化する取り組

 みはこれからより注目されるのかもしれ

 ないと感じました。

 
  のだや 仙台店    
   〒981 ‐ 3112 仙台市泉区八乙女1-3-10
   TEL  022 - 725 - 5193