レビュー

シアターシステムで「ゲーム」を最大限に楽しむ【宇都宮店】

いつもありがとうございます。
今回は宇都宮店からホームシアターの楽しみ方の
提案のひとつとして「ゲーム」についてご紹介を
させていただきたいと思います。
※今回は少し長めの記事となっております。

Utsunomiya Game Theater (5)


















ホームシアターで楽しむコンテンツ、と聞けば
やはり「映画」が一番最初に挙がるでしょうか。

今や撮影・編集技術も向上し、高精細な映像に3次元で
飛び回るような音響体験も楽しめるようになりました。
その表現方法は複雑に絡み合い、私たちの五感をくすぐり
心を豊かにしてくれる感動と刺激的な興奮を与えてくれます。

しかしホームシアターの楽しみ方は何も映画だけではありません。
スポーツ観戦や音楽ライブ映像では実際にスタジアムに
いるかのような「臨場感」を味わうことができます。

そしてその感覚は自らコントローラーを操作して
(あるいはハンドルや拳銃、操縦桿を握って)
作品の世界に入り込む「ゲーム」と絶妙にマッチし
何物にも代えがたい没入感を体感させてくれます。

Utsunomiya Game Theater (2)


















この度、宇都宮店のシアターシステムにPS4を設置し、
まだ実験的ではありますがゲームシアターをご体験
いただけるように準備いたしました。

ひとえにホームシアターと言っても、映像はTVを使用して
スピーカーとAVアンプでサラウンドを楽しむ方もいれば、
スクリーンにプロジェクターで大画面を導入する方もいます。
それぞれの環境や思い入れの度合いに合わせたシステム、
決してどの形が最も優れているということはありません

ここでは100インチスクリーンに4K対応プロジェクター、
5.1.2chのDolby Atmos/DTS-X対応のシステムで体験した
ゲームプレイのインプレッションをお届けします。
(フロントスピーカーはペアで約10万円のものを使用)

筆者は普段自宅の2chステレオに接続してTVでゲームを
プレイしていますがシアターではどう変わるでしょうか・・・。

Utsunomiya Game Theater (10)



































今回プレイしたのはインソムニアックゲームス開発の
アクションゲーム「Marvel's SPIDER-MAN」です。

操作感はバットマンをはじめとした最近のアクションゲームの
トレンドを踏襲しつつ、爽快なウェブスイング*や化学オタク
らしい豊富なガジェットがスパイディ気分を演出します。
操作に慣れればスイングしながら街中を駆け抜けていく
だけでも気持ちいいと感じさせてくれます。
(*ウェブスイング。ビルに向かって発射したクモの糸に
 ぶら下がってブランコのようにスイングする移動方法。)

2018年のゲームアワードに8部門でノミネートされた
同年を代表するゲーム作品のひとつと言えます。
____________________________________________

さてゲームを開始してまず始まるオープニング映像。
スクリーンの大画面のおかげでムービー中に映る
人物やアイテムの数々の質感も鮮明に伝わってくるので
これだけで世界観にぐんぐん引き込んでくれます。

Utsunomiya Game Theater (6)



















オープニングの映像からシームレスにゲーム画面へ。
さっそく本作の注目ポイントであるウェブスイングで
目的地へ向かいます。が、このスピード感覚や爽快感、
TVだけで体験するものとは圧倒的に違います

眼前に広がるニューヨークの街並みが次から次へと
あっという間に視界の隅へと過ぎ去っていく・・・。
TVでもスクリーンでも「画面を見る」という同じ行為のはず
なのですが大画面の方がより一歩、スパイダーマンの世界に
踏み込む手助けをしてくれる印象でしょうか。

映像だけではなく音響の効果も非常に大きいものです。
都市を走る車のエンジン音やクラクション、
「見て!スパイダーマンよ!」と指さす街の声
高速で駆け抜ける自分にぶつかっては抜けていく風
それぞれの音が自然に混ざり合いながら
やはりあっという間に後方へと遠ざかっていく。

特に風を切る音は前に進めば正面から後ろへ、
左へ飛べば左から右へとスムーズに流れていくので、
その音に包まれていると自分の身体が動くような
そんな錯覚さえ覚えることがあります。

「全身で感じる」というと少し大げさかもしれませんが
ビルの隙間を駆け抜ける時のスピードや独特の浮遊感、重力、
その感覚は鮮やかにプレイヤーの身体に染み込んでいきます。


Utsunomiya Game Theater (7)



















目的地に到着するとムービー挿入の後、戦闘へ。
三角ボタンでウェブを発射して敵に急接近、四角ボタンで
パンチとキックをたたき込んでいくスパイダーマン。
アッパーで空中に打ち上げた敵に向かって飛びあがり
さらなる追撃を打ち込んでいきます。

その興奮はアクション映画のものに近いかもしれませんが
ゲームでは自分の操作によって生まれる緊張感が加わります。
より大きな画面になることで動きもダイナミックに見え
かっこよく技が決まった時の痛快さもひとしおです。

戦闘中は銃声や爆発音に格闘戦の衝撃といった効果音、
主人公のジョークに敵の罵声や叫びといった声、
さらに状況を盛り上げてくれる音楽といった
様々な音声がシーンの情景を感情豊かに再現

後ろから向けられた銃が発砲すればその音は後ろから響き
危険な状況での戦闘にさらなる緊迫感を与えてくれます。
敵との位置関係の把握もしやすく、シューティングゲームでは
さらに大きな戦術的アドバンテージになるかもしれません。


Utsunomiya Game Theater (9)


















スピード感あふれるウェブスイングの爽快感
よりダイナミックに描かれる戦闘アクションの興奮
敵味方問わずつい感情移入してしまうキャラクターたち
自らの手で操作して追体験していくことで得られる感動

シアターで体験するゲームプレイは作品が持つそれらの
魅力を引き出し、より大きな力となってプレイヤーの
感情を揺さぶります。
これを体験してしまうと通常のゲームプレイが味気なく
なってしまう、そんな危険性(?)も孕んでいます。
(その後筆者の自宅のゲームの音のボリュームが上がったのは多分気のせいです)


映像・音響いずれかだけでもクオリティを上げれば
その感動はより大きなものへと進化します。
また情報量が増えることでクリエイターが作品に込めた
こだわりや遊び心の数々に気づきやすくなることでしょう。

Utsunomiya Game Theater (8)


















ゲームは長時間のプレイなど関わり方を間違えれば
健康面に悪影響を及ぼすこともありますが、
適度にプレイすれば気分のリフレッシュにもなりますし、
時には「教養」になるようなものも得られます。
一生心に刻まれるような名作と出会うこともあるでしょう。

今回のスパイダーマンはアクションゲームでしたが
これがレースゲームならばクルマを走らせる喜びを加速させ、
シューティングならば白熱した駆け引きを生み出し、
ホラーゲームならば四方から忍び寄る恐怖感を増大し…、
ゲームプレイをより充実したものにしてくれます。

シアターでプレイするゲームは最高です。
ですが何もいきなり全部揃える必要はありません。
例えば最近の薄型TVのスピーカーですが
これの代わりに両サイドに2本、TVの横に設置し
簡単なデジタル系のアンプを足すだけでもその体験は
より新鮮で豊かなものとなります。

爆発音はより破壊力を増し、登場人物の話し声は
まさにその場で喋っているように錯覚することも…?

オーディオもシアターも楽しみ方は無限大です。
何から始めていいかわからない方もまずは
ぜひとも気軽に弊社スタッフまでご相談ください。

願わくばこの記事がこれからのシアターやオーディオの
導入や、せっかくお持ちなのに眠ってしまっている
システムを改めて楽しむためのきっかけとなれば幸いです。
________________________
〒320-0807 
栃木県宇都宮市松が峰1-2-3 1F

 ㈱のだや宇都宮店 
TEL.028-614-1454
E-mail:utsunomiya@audio-nodaya.com

ケーブル配線の環境を改善!FURUTECH試聴レポート!

いつもありがとうございます。

今日はフルテックNCF Booster-Signalを試聴してみました。
いわゆるケーブルインシュレーターに類する製品ですね。

NCF Booster-Signal(demo20190417) (3)






























FURUTECH "NCF Booster-Signal"  税別定価:19,800円
_________________________________________________

一般的にこういったインシュレーター系のアクセサリーは
効果の傾向として「解像度の向上」がポイントです。
細かい音がよく聞こえる、楽器の位置関係が見える
といった具合です。

その反面「音のエネルギー感」がなくなり聴きごたえのない
つまらない音になってしまうこともあります。

果たしてフルテックはどうでしょうか・・・。
_________________________________________________

NCF Booster-Signal(demo20190417) (1)






























今回はトランスペアレントのスピーカーケーブルで左右に
それぞれ1個ずつ、計2個で試聴。
___________________________________________________

第一印象としてはやはりまず解像度。
音の棲み分けがはっきりするためそれぞれの楽器の
位置関係も見て取れるようになります。
これを試用した後では元の状態は音と音が混ざりあって
聞き取りにくい音が生まれていることがわかります。

それから定位感も良くなり音がスッと立ち上がるので
「ボーカルがそこにいる」ような感覚が増します。

NCF Booster-Signal(demo20190417) (6)































ポールを延長して使用することも可能。
テンションがかかりがちな電源状況も改善。
______________________________________________

そしてここが重要なのですが低域について、
量感自体はそこまで変わらないのですが、先述の
音の棲み分けがはっきりした結果それぞれの音の
存在感」が引き立つので、試聴していて
聴きごたえがある音になった印象を受けました。

音源によっては広域が少し強調されてしまって
聴きにくいかな、という時もあります。
機器との組み合わせで効果の違いもあるかもしれません。

今お使いの機器で音が飽和してしまっていて
改善をお考えの方、大掛かりなアップグレードでなく
手軽に音質に変化を加えてみたい方に最適な一品。
導入の際はぜひ当店までご相談ください。
______________________________________

105.1 NCF(demo20190417) (3)






























電源周りならプレートの交換もおススメ!
ノイズ感が減り音が引き締まります。
________________________
〒320-0807 
栃木県宇都宮市松が峰1-2-3 1F

 ㈱のだや宇都宮店 
TEL.028-614-1454
E-mail:utsunomiya@audio-nodaya.com

メッセージ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ